大熊詩音です。

ADHDで精神障害者手帳3級

加えてスキルもない、職歴も単純作業を13年ほど続けただけで、他には何もない。

そんな、ないない尽くしの人間が、以下のサービスに登録しました。

【障害者の求人、転職ならDODAチャレンジ】

これまでの僕のどうしようもない人生や経歴、そして何より障害の程度や病状などを詳しく話すつもりです。

ほんの2ヶ月前に、ネット上でも非常に評判の高い、某障害者用サービスに登録していたのですが

10件以上応募して、書類選考すらカスリもしませんでした。

そして、トドメと言わんばかりに、そのサービスの担当者から

「誠に申し訳ございませんが、大熊様のご経歴ではお仕事の紹介が難しいという判断に至りました」

心底がっかりして、今現在は、クローズ就労(障害を隠して働いている)で、限界まで苦労しながら、毎日上長からパワハラを受けて、夕方17時から翌朝33時(9時)までの16時間の夜勤労働をしながら生きているのですが

やはり色々な意味で、もう耐えられないので、性懲りもなく

・障害者雇用のサービス

・ブログ

この2つを始めることにしたのです。

確かに正直、もう八方塞がりで自殺したいという考えに至ることもゼロではないです。

まさに、かつて2ちゃんねるで一部に流布したコピペのとおり

社会「働けクズ」
僕「じゃあ働く」
企業「クズは働かせません」
僕「じゃあ死ぬ」
社会「自殺はやめよう」
僕「じゃあ死なない」
社会「でもクズって生きてる価値ないよ」
僕「もう死ぬ」
両親「お願い死なないでちゃんと働いて」
僕「じゃあ働く」
企業「クズは働かせません」
僕「」

でも、諦めの悪い僕は、もう数秒後には

「やっぱり死にたくない」

と、思いつつ、地獄のような毎日を生きていくのです。

そうでなければ、まず自分が変われないし

ブログを発信して、この世界で生きる、悩める方々の心の重荷を少しでも軽くしたいという思いも伝わらないからです。

下手な文章の言い訳にもなりませんけれど

まだ、ブログも初心者で、右も左もわからない状態ですが

33歳にもなった現在、少しずつでもいろんな経験をしていきながらもがきつつ

自分や周りの方々を少しでも明るくしてければと思い

これからも自分のペースを守って生きていきます。

2018年9月6日現在

これが第一記事目の投稿となります。

細々と長く続けていきながら、自助努力を一歩一歩進めていきます。

よろしくお願いします。